大文字山 火床からの絶景標高466mの大文字山

「如意ヶ岳」「如意ヶ嶽」とも呼ばれています

 

いくつかある入山ルートの中から

銀閣寺ルートを選択

 

P1060725a

銀閣寺道(突き当たりが銀閣寺の山門)

 

銀閣寺の山門手前を左に折れ

入山します

 

P1060730a

 

道も整備されており

登山客も多く往来しています

 

1時間程度 山道を歩くと

急に開けた場所に・・・

 

P1060744a

展望台

(西に傾いた太陽がまぶしい)

 

「大」の字でいうと

1画目(80m)と

左はらい(160m)と

右はらい(120m)の

交点の場所が展望台となっています

 

P1060747a

交点の火床 (標高約300m)

 

P1060760a

 左はらいの上から

 

P1060786a

 交点から右はらいを見る

 

下駄を裏返したようなものは火床です

 

8月16日 五山の送り火には

火床の上に薪を井桁に組んで積み重ね

松葉を入れて点火します

 

 

大文字山、割と簡単に登れます

それでいて景色は絶品です

 

問題

明治17年(1884)、14年間中断していた五山の送り火の復活に尽力したのは誰か。

(A)岩倉具視  (B)伊藤博文

 

↓↓ 大文字山 ↓↓

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年10月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ







分類