石塀小路の奥 隠れ屋的懐石料理店 「豆ちゃ 京都」この日は新年会

還暦を超えた最年長の方が

幹事を引き受けてくださいました

 

 

東山の石塀小路(いしべこうじ)は

八坂神社の南楼門から

 

P1320915a

 

高台寺へと続く石畳

 

P1320917a

 

京都の風情を

強く感じられる路地

 

P1320951a

 

そんな路地の奥深く

 

LINE_P20160126_200841701a

 

隠れ家的なお店

「石塀小路 豆ちゃ 京都」

 

P1320945a

 

私のような者が

入るお店ではない雰囲気

 

築100年を超える

町屋を改装した店内は

落ち着いた大人の空間

 

そんなお店で食べる懐石は

なんと3500円!(飲み代別)

 

さすが先輩

幹事でもすばらしい仕事っぷり!

 

気になる懐石料理は

コチラ

 

P1320921a

 

P1320924a

 

土鍋にフワとろたまご

女の子大喜び!

 

 

P1320926a

 

P1320927a

 

P1320929a

 

上のサラダの後に

メインの鶏料理があったのですが

写真撮るのを忘れ

食っちゃいました

スンマセン

 

P1320936a

 

お茶漬け

 

 

P1320939a

 

デザート

 

 

P1320944a

 

最後は抹茶

 

 

どうですか!

文句のつけようがありません!

 

このコースが3500円!

 

有難う御座いました

 

問題

記事中のお店前は石塀小路(いしべこうじ)という石畳の路地で、八坂神社から高台寺へと続いている。この石畳は( ? )が廃止された際に、使われていた石畳を移築したものである。

   

 

<解説> 

石塀小路が出来たのは大正時代の初期の頃

現在のような姿になったのは

昭和になって市電が廃止され

市電に使われていた石畳を敷いた時から

東山を舞台とした映画が盛んとなり

映画関係者を目当てとした旅館等が建ち並び

今の形となった。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ







分類