法然院 澄み切った空気と紅葉哲学の道を

東に少し外れると

 

P1020809

 哲学の道

 

薄暗い林の先に

法然院(ほうねんいん)」があります

 

P1020832

 茅葺の山門

 

山門をくぐると

柔らかい陽がさしこみ

景色が一変します
DSC02907

 境内から見た山門

 

DSC02903

 紅葉を通り抜ける石橋

 

P1020827

花の赤が印象的なつくばい

 

DSC02901

 法然院に居る鳩は何故か高貴に見えます

 

澄みきった空気は

心を落ち着かせてくれます

 

あえて紅葉の時期を外し

参拝者が少ない時に訪れるのもイイかも

 

問題

法然院の起こりは、( 何時代? )に法然が弟子たちと共に六時礼讃行(ろくじらいさん:1日を6つに分け、読経・念仏・礼拝を行う)を身につける草庵(質素な佇まい)に由来するという。

(A)鎌倉時代    (B)室町時代

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Category: 神社仏閣, 紅葉,

About the Author


Comments are closed.


2018年10月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ







分類