侘家古暦堂 石焼親子丼祇園の花見小路にある

侘家古暦堂(わびや これきどう)

 

P1050853a

 

街の雰囲気とマッチしたお店

 

古民家を改築したような内装で

綺麗です

 

 

ランチメニューの

「石焼親子丼」を注文

 

 

 

熱せられた石鍋に

ご飯 鶏肉 三つ葉 玉ネギ 生玉子が2個入り

お店の方が混ぜ混ぜします

 

最後にもう1つ生卵をのせ完成

 

卵は愛知県から取り寄せ

お米は新潟産

 

生卵を少しずつ崩し

最後はオコゲでごちそうさま

 

味の変化も楽しめ大満足

 

問題

記事中のお店の名前に使われている漢字「寂(さび)」は、室町時代の俳諧の世界で「古びた様子に美を見出す」と認識されていた。その室町時代とは京都の室町に幕府が置かれていた時代、足利尊氏が1338年に征夷大将軍となり15代将軍義昭が1573年に( だれ? )により京都から追放されるまでの235年間である。

(A)織田信長  (B)豊臣秀吉

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ







分類