宝積寺の三重塔宝積寺(ほうしゃくじ)は

別名「宝寺」(たからでら)とも呼ばれ

天王山の南側山腹にあります

 

JR京都線 山崎駅から

 

P1080632a

 

京都方面に進み

ひとつ目の踏切りを山側へまっすぐ・・

 

天王山登山道へ

 

P1080748a

 

坂道を登る事5分

宝積寺の山門へ到着します

 

P1080672a

 

こちらのお寺は

羽柴秀吉と明智光秀の山崎の合戦で

秀吉が陣を敷いた場所

 

P1080684a

 

また秀吉は、

合戦で亡くなった武将を弔うため

この地に三重塔を建立しました

 

P1080696a

 

境内に入り

最初に目が惹かれたものは・・紅葉

 

P1080699a

 

すでに落葉していると思っていたので

予定外のプレゼント

 

P1080700a

 

カメラ小僧に変身し

撮影タイムへ・・

 

 

そうこうしているうちに

日も傾き

 

P1080677a

 

三重塔も影が多くなってきました

 

P1080715a

 

400年以上も前

この国の未来を左右する

天下分け目の合戦がこの地で行われた

 

その名残を見ながら

物憂げに浸る

 

問題

「宝寺の隣に住んで桜哉(たからじのとなりにすんでさくらかな)」の句を詠んだのは誰?

(A)芥川龍之介  (B)夏目漱石

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Category: 神社仏閣, 紅葉

About the Author


Comments are closed.


2018年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ







分類