祇園祭り2013 宵宵宵山お昼から時間ができたので

「鉾」を拝みに京都市内へ

 

四条通りに鎮座するその姿は

雄大であり威厳に満ちています

 

DSC01375月鉾(つきほこ)

 

急に辺りが暗くなり

 

無題北観音山(きたかんのんやま)

 

そして突風が吹き始め

 

DSC01381八幡山(はちまんやま)

 

短い時間でしたが

京都の町を激しい雨が濡らしました

 

次の雨が来る前に

祭りを牽引する「長刀鉾(なぎなたほこ)」へ

 

DSC01397

 

DSC01388綺麗な鉾です(雨よけのビニールが少し残念)

 

たくさんの人が京都に集まり

息苦しいほどの賑やかさでした

 

DSC01404役行者山(えんのぎょうじゃやま)

 

提灯に火が灯り

京都の町が暮れていきます

 

問題

京都で疫病が流行した際、菓子屋の主人が大峰山修行中に見た夢の中の菓子を作ったのが始まりといわれ、祇園祭の宵山にのみ販売される京菓子は何か。

(A)祇園最中(ぎおんもなか)  (B)行者餅(ぎょうじゃもち)

 

↓↓ 長刀鉾の位置 ↓↓

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ







分類