ツーリング 丹後半島(間人~伊根~天橋立)平日だけど仕事は休み

天候は晴れ

 

「ツーリング」 いつ行くの?

今でしょ!

 

≪コース≫

京都縦貫自動車道 与謝天橋立IC → 府道53号網野岩滝線 →

R178(間人→立岩→屏風岩→経ヶ岬灯台→浦島神社→

伊根の舟屋→籠神社→天橋立)

 

海岸線がよく見えるように

時計周りのコースにしました

 

日本海に出るとすぐに

立岩(たていわ) がお出迎え

 

DSC01097

 

堤防沿いを走っていると

 

DSC01100砂溜まりにスタック

 

脱出するのに30分掛かかりヘトヘト

 

 

道路沿いから屏風岩(びょうぶいわ)を確認

バイクを止めて日本海のパノラマを堪能

 

DSC01112

 

 

DSC01116

今日一番の楽しみである

経ヶ岬灯台(きょうがみさきとうだい)へ

 

DSC01121

 

ここからはバイクを置いて山登り

登ること15分

 

DSC01127

 

白い「ザク」!!

全国に6つしかない一等レンズ灯台

 

DSC01129

 

下から見ると迫力あります

(写真で伝えきれないのが残念)

 

DSC01128

 

 

浦嶋神社(うらしまじんじゃ)

 

DSC01145

「浦島伝説」の言い伝えが残る神社

 

 

伊根の舟屋(いねのふなや)

 

DSC01151

気分は映画監督

 

 

元伊勢 籠神社(もといせ このじんじゃ)に到着

 

DSC01181

太陽の光や熱の神様

 

「彦火明命(ひこほあかりのみこと、

別名:天火明命、天照御魂神、天照国照彦火明命、饒速日命)」を

主祭神として祀る神社

 

DSC01177

 

神門の奥に茅の輪(ちのわ)が見えます

 

DSC01178

 

八の字にくぐると

疫病や罪穢が祓われるそうです

 

 

最後は、天橋立(あまのはしだて)

 

DSC01174日本三景をバックに記念撮影

 

今回のコースは

日本海に出た瞬間

それまでの景色と比べ

明らかに違う色の景色へと変化します

 

平日とあって交通量もわずかで

景色を独り占めにできた贅沢なツーリングでした。

 

問題

丹後半島の先端、海抜140mの断崖に立つ「経ケ岬灯台」。名前に付いている漢字「経」の由来となったのは何か。

(A)経緯  (B)経本

 

問題

伊根の舟屋は、漁村では全国初となる(?)の選定を受けている。(選定名は「伊根浦」)

(A)重要文化財漁村保存地区  (B)重要伝統的建造物群保存地区

 

問題

日本三景のひとつとして知られる天橋立は、(?)を行うことで、天地が逆転し、細長く延びた松林が一瞬天にかかるような情景を愉しむことができる。

(A)股のぞき  (B)股間がえし

 

 

 

 

 

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年7月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ







分類