京都で一番古いおかき屋さん「菱屋」の手焼きおかき花屋町通り、島原大門を

 

P1180215a

 島原大門

 

東側に少し

壬生川通に行くまで

 

P1180221a

 花屋町通

 

京都で一番古い(お店の奥さま談)

おかき屋さん

 

「菱屋(ひしや)」

 

P1180207a

 

小屋根の上には

鍾馗(しょうき)のある古い京町屋

 

P1180209a

 鍾馗

 

100年以上前から続く

おかき屋さん

 

店内も年季が入っています

 

P1180200a

 

京都府知事賞を受賞されているこのお店は

 

P1180204a

 

1枚ずつ手焼きでおかきを作られています

 

P1180203a

 

「うすばね」「鬼あられ」といった商品が有名ですが

この日は「金角」「銀角」のみの販売

 

P1180225a

 

いくつもある製造工程で

出来上がるには日数が掛かります

 

お目当ての商品がその日にあるとは

限らないようです

 

P1180234a

 

購入した「金角」「銀角」は

 

餅米の風味と柔らかい歯ごたえで

やさしい味となっています

 

日本茶といただき

くつろぎの時間をお楽しみください

 

問題

記事中のお店前の花屋町通(はなやちょうどおり)は、( どこの寺? )に手向ける生花商の店が多かったことからこの名がついた。

   

 

<解説>

花屋町通は

京都市の東西の通りの一つ

東は富小路通から西は天神川通・阪急西京極駅前まで至る

途中、中央卸売市場と山陰本線があるため道は中断される

平安京の左女牛小路(さめうしこうじ)に相当する

全長約4キロ

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年10月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ







分類