中村軒 和のジェラート桂うり京野菜のひとつ「桂うり」

病気になり易く、栽培が難しいため

作る人が少なく幻の京野菜といわれている

 

そんな桂うり

桂高校の農業科の生徒さんが

種をゆずりうけて生産し

 

P1210405a

明治16年創業の 「中村軒」

 

桂離宮の近くにある

和菓子店「中村軒」が商品化したのが

「和のジェラート桂うり」

 

P1210397a

 

お店には「桂うり」以外に

「水尾柚子」「城陽いちじく」もあります

 

 

とりあえず「桂うり」を購入

 

P1210407a

 

「帰るまでに何分掛かりますか」と聞かれ

「10分」と答えると

保冷袋と保冷剤を付けてくれました

 

P1210409a

 

自宅に帰って

早速いただきます

保冷剤のおかげでキンキン

 

P1210419a

 

桂うりは完熟すると

メロンに近い香りとなります

 

こちらのジェラードもメロンの風味

あっさりした味わいで美味しいです

 

暑い夏にはぴったりのデザートでした

 

問題

京野菜の「桂うり」の歴史を文献から確認すると、元和3年(1617)に( 何親王? )が川遊びや瓜見に現在の西京区桂に訪れたとあり、それ以前から栽培されていたと考えられる。

 

   

 

<解説>

桂うりは、京都府が認めた京野菜の1つ

長さが40cmほどもあり果肉が厚い

主に奈良漬けや浅漬けに使われている。

 

※ 瓜見とは、智仁親王は華美な花よりも、田畑に育つ緑の美しさを好まれた、とくに桂川の両側に広がる瓜畑を眺め愛でるのがお好きで、瓜見の宮と呼ばれていた。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ







分類