「秋の七草」を求め 2015(5) 城南宮 「秋の七草」を求め 2015

 

この企画もいよいよ大詰めとなり

残すは「撫子(ナデシコ)」 「葛(クズ)」のみ

 

今回もネットで前調査

「城南宮」に行くと「秋の七草」がすべてそろうとの事

 

P1260012a

 

境内にある

神苑「楽水苑」を探索します

 

P1250984a

 

苑内の木々は薄っすらと

色が付き始めています

 

季節は進んでいます

 

P1250979a

 

まずは1つ目

「桔梗」

 

 

P1250987a

 

次に2つ目

「女郎花(オミナエシ)」

 

 

P1250993a

 

3つ目と4つ目は合わせて

「すすき」と「藤袴(フジバカマ)」

 

順調に「秋の七草」が

見つかって行きます

 

 

P1250996a

 

P1260004a

 

5つ目

「萩(ハギ)」

 

満開となっており

ひと際キレイです

 

 

ここまでは

既にクリアしているものばかり

 

肝心の「撫子(ナデシコ)」と「葛(クズ)」はまだ

 

感動するのは最後ってか

にくい演出やなぁー

 

P1250982a

 

んー、これでもないしー

 

P1250974a

 

んーーと、これでもないな

 

 

え!!

苑の出口? もう終わり?

 

なんで?

 

巫女さんに聞いてみると

「ナデシコ」は早咲きで7月で散り

「クズ」も最近散ったばかりとの事

 

何という事や・・

 

これは神様が与えた俺への試練やな

負けへんでー!!

 

問題

城南宮より少し南の地域「赤池」、この土地の名前の由来は、「 何? 」で池が真っ赤に染まった事が由来とされている

   

 

<解説>

平安の終わり頃

荒法師の異名をとった文覚(もんがく)が武士だった頃

同僚の渡辺渡(わたなべわたる)の妻

「袈裟御前(けさごぜん)」と恋に落ちる。

 

「俺は渡を殺す。そなたは俺と結婚してくれ」

「でしたら、東より2つ目の寝室に渡が寝ております

必ずや仕留めて下さい」

 

文覚は御前の亭主である渡辺渡の寝室に忍び込み

その首を斬り命を奪った

しかし、斬ったのは、袈裟御前であった。

 

道ならぬ恋に悩んだ御前は

夫の身代わりになる道を選んだ

失意の文覚が御前の首を近くの池で洗ったところ

水が血で真っ赤に染まった。

 

その池があった場所が

現在の赤池である。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年7月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ







分類