登録有形文化財 なか卯七条新町店私のこのブログでは

基本、京都が発祥でない外食チェーンストアは

紹介しないというスタンスでやっております

 

しかし、ここ

「なか卯七条新町店」に限っては例外

 

P1300149a

 

というのも、こちらの店舗

大正末期に建てられた

京都では有名なレトロ建築

 

P1300165a

 

もともとは

T型フォードの輸入代理店

 

戦後は

ラビットスクーターの販売を手掛けた

「富士ラビット」

 

さらに

京都スバルの代理店

 

そして現在は

牛丼のなか卯へ変化していきます

 

P1300159a

 

P1300131a

 

P1300158a

 

今でも残る正面側のステンドグラス

T型フォードやタイヤを3つ連ねたデザイン

 

P1300127a

 

P1300129a

 

店内は

ゆったりした空間となり

窓際にはカウンター席もあります

 

メニュー看板の裏には

モザイクガラスが見えたりと

当時の面影が残っています

 

食べ慣れた牛丼も

歴史ある建物で食すと

少し味が変わるかも・・

 

P1300157a

 

どうせ食べるなら

少し足を延ばしてみては

いかがでしょうか

 

問題

記事中の建物は、自動車販売の営業所として建てられたものであるが、その自動車において、2013年の世帯あたりの自家用乗用車(軽自動車も含む)の普及率は、世帯ベースで各地域をみると保有台数を1台を切るのは5地域のみで、その中に京都も含まれています、さて少ない方から京都は何位でしょうか?

   

 

<解説>

世帯ベースで各地域の保有台数も少ない方から

東京都(0.48台)、大阪府(0.68台)、神奈川県(0.75台)、

京都府(0.86台)、兵庫県(0.94台)と

当然ではあるが公共輸送機関の

発達した人口密度の高い都道府県で

保有台数が少なくなっている。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年7月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ







分類