勝竜寺城公園 梅とタンポポJR長岡京駅から

南へ徒歩10分

「勝竜寺城公園」では

梅の開花が始まりました

 

P1330875a

 

2分咲き程度の梅

 

遠目から梅の木を見ると

花が咲いている事が確認できないほど

 

P1330857a

 

桜には群生の美しさがありますが

梅には単体の美しさがあります

 

P1330858a

 

ですので

 

梅の場合は

開花時期が少々ずれても

楽しむ事ができます

 

 

 

勝竜寺城は

暦応2年(1339)

細川頼春が築城したと伝えられている

 

P1330868a

 

天正6年(1578)

明智光秀の三女、玉(細川ガラシャ)が

細川忠興に嫁ぎこの城で過ごし

 

P1330885a

 

のちの山崎合戦では

光秀がここに本陣を構えたが

光秀とともに落城する

 

P1330888a

 

平成4年(1992)に公園として復興し

市民の憩いの場となっている

 

 

 

P1330903a

 

堀の土手に目を向けると

 

P1330902a

 

タンポポ

 

草木も芽吹きはじめ

春の気配が感じられます

 

問題

勝竜寺城は過去の文献によると天正2年(1574年)に御主(おしゅう:ご主君)が存在していたようで、( 何城? )築城に先行する数少ない天守(てんしゅ)であったことを示している。

※  天守とは、城の本丸に築かれた最も高い物見やぐら。天守閣。

   

 

<解説>

現在、石垣は全く認められないが

昭和54年(1979年)の発掘調査で

石仏二体と石材数個、また大量の栗石が検出され

この発掘調査以外からも

勝竜寺城の大半が

石垣によって築かれたことが推定されている。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ







分類