綾部市 老富(おいとみ) 100万株のシャガ群生地100万株のシャガ群生地が在るのは

綾部市 水源の里「老富(おいとみ)」の集落

 

アクセスは

国道27号「山家(やまが)」交差点から府道1号に入り

福井県境まで直進

 

カーナビでは目的地検索に引っかからず

Googleマップで「綾部市 シャガ群生地」と

キーワード入力すればヒット

 

P1410693a

 

「市茅野杉の里(いちかやすぎ)」の看板を発見

近くの無料駐車場に車を停め

看板奥の森へ進むこと5分

 

P1410658a

 

白いシャガが埋め尽くす

神秘的な光景が目の前に

 

P1410680a

 

木々から差し込む光が

新緑とのコントラストを生みます

 

P1410595a

 

シャガはアヤメ科の多年草

花は短命で一日でしぼみますが

次々と新しい花を咲かせます

 

P1410543b

 

この場所は

2015年に地元の写真家によって発見

 

P1410539a

 

約5ヘクタールに100万株以上が自生

別の報道ではその数400万株とも

これほどの規模で自生しているのはかなり珍しい

 

P1410577a

 

シャガは明るい日陰を好む

 

6年前の間伐に加え大雪で木々の枝が折れ

日の光が入り込み

これほどの規模になったそう

 

P1410565b

 

白いじゅうたんが

ずーーっと先まで・・・

360度シャガが咲く光景はまさに圧巻

 

P1410650a

 

料金無料・見学自由

5月いっぱい花見が楽しめるそうです

心を癒しに、ぜひお出かけになってみてください

 

問題

国道27号から若狭に抜ける府道1号は上林街道(かんばやしかいどう)と呼ばれ、綾部市東部のこの地域は「かんばやしの里」と呼ばれている。茶の生産地としても大変著名で、( 何茶? )や静岡茶といった茶栽培の基礎を作ったと言われている。

   

 

<解説>

中世この地を統治していた上林氏が

茶の栽培をはじめた。

 

上林氏は

丹波の赤鬼で知られる赤井直正の赤井氏と

同族であった。

 

室町後期

赤井氏の丹波天田郡や何鹿郡への侵攻で

かつての勢いを失いつつあった上林氏は

元々室町幕府の御茶師であったため

宇治での茶業を始めたと考えられている。

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ







分類