信楽 宗陶苑 陶芸体験②夕方、

「宅配便でーす」

「はーい、ご苦労様です」

 

荷物を受け取ります

 

「どこからかな?」

滋賀県・・信楽・・・

これはもしや

 

待ってたぜ Baby~

(くわしくは「信楽 宗陶苑 陶芸体験①」をご覧ください)

 

興奮を抑えながら

荷物の中身を取り出します

 

P1060594a

 

すばらしいー

っていうか 出来すぎやろ!

 

半年待って ヨカッタ

 

P1060593a

 

登り窯がつくりだした

「色」 「艶」

 

P1060587a

 

素朴で

あたたかみのある風合い

 

P1060586a

 

いままで飲んでいた

「お茶」や「珈琲」が

 

やっぱ、ちがうんです

旨く感じる

 

そう思えるだけでも

つくった甲斐がありました。

 

問題

野々村 仁清(ののむら にんせい)、尾形 乾山(おがた けんざん)とならんで、「京焼三陶工」といわれているのは誰か。

(A)頼 山陽(らい さんよう)  (B)青木木米(あおき もくべい)

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年9月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ







分類