H-ⅡBロケット打ち上げ見学記<6><2013/8/5>

 

AM8:00

カミナリと雨が打ち付ける音で

目覚めました

 

DSC01656種子島トンネル

 

家族の話では一晩中雨が降っていたようです

打ち上げ日が1日ずれていたら

間違いなく飛んでいないはずです

 

帰りは、フェリー で 11:00 種子島発

鹿児島・谷山港には 14:50に到着しました

 

DSC01658船名は「はいびすかす」(笑)

 

バスで鹿児島の繁華街「天文館」まで行き

この旅行の最後の晩餐をとりました

 

DSC01659炭火焼(豚)

 

DSC01660アボガドのグラタン

 

鹿児島空港から関空までは

行きと同じくピーチにてフライト

 

DSC01664

 

「ロケット発射を見た男」 として

凱旋しました

 

コストを下げたため

豪華な旅行にはなりませんでしたが

それに余りある体験が出来たと思っています

 

「行ってよかった!」

と心から感じています

 

ただ、こう言えるのは

打ち上げを見学できたからで

「H2A」「H2B」 の過去の打ち上げ率を考えると

打ち上げ予定日とその翌日に

必ず上がる保証はなく

やはり博打的な要素含んだ旅行と言えます

(最近は信頼性も増し予定日通りの打ち上げが多くなっています)

 

打ち上げを見れずに帰ってきた事を想像すると

今でも冷や汗が出てきます

(家族に申し訳ないという想いです)

 

 

このブログを見ていただき

ロケット打ち上げ見学に

少しでも興味をもった人がいれば

素晴らしさを伝えたい私としては

大変うれしく思います

 

 

そこで最後にもうひとつ

それはロケット打ち上げの写真撮影です

 

ロケットが打ち上がる瞬間を写真に収めたい

しかし、カメラ操作に夢中になり

肝心の打ち上げを全身全霊で体験できない

っていうのは不幸であります

 

今回、

ロケット打上げを運よく見学できた事で

記録に残すのではなく

体で感じ記憶に残す事が幸せだと実感しました

 

それでもという方(私もその一人)には

私が試した方法を紹介します

(ネットの情報を参考にしました)

 

三脚にカメラを固定し

連続撮影モードでモニターは見ず

打ち上げと同時にシャッターボタンを押す

という方法です

(何度も試し撮りで練習を行いました)

 

わたし自身、

「それで撮れなければ諦める」

という覚悟のもと

なんとかブログにUP出来る写真が

幸運にも2枚撮れました

 

参考になれば幸いです

 

あなたも山あり谷ありのロケット打ち上げ見学はいかがですか

 

問題

種子島で有名な唐芋の一種で、京料理では高級食材として扱われる京野菜のイモは?

(A)えびいも  (B)タロイモ

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年6月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ







分類