「鶴屋寿 本店」 の 嵐山 さ久ら餅嵐山で一番古くから

さくら餅を販売されている

鶴屋寿 本店

 

P1150412a

 

もともとは、嵐山吉兆から

お客様への手土産として

考案を依頼されたのが始まり

 

 

この季節

和菓子といえばさくら餅

欲望を抑えきれず買いにやって来ました

 

それでは開封

 

P1150630a

 

まずは包を外して・・

 

P1150631a

 

箱を開けると

 

P1150632a

 

こんな感じで入っています

 

 

桜の葉は伊豆の大島桜

ここのさくら餅は、2枚の葉っぱで包んでいます

 

一枚の葉っぱの塩漬け加減は

控えめというこだわり

 

P1150633a

 

やわらかい口当たりは

今まで経験したことがないほど

 

口の中で溶けていきます

美味しいです

 

さくら餅の色が白いのは

吉兆の要望で

どんな季節でも対応できるようにと

あえて桜を連想させるピンク色をなくしたそうです

 

歴史を感じます

 

問題

京風桜餅とは、別名( 何餅? )とも呼ばれる。

   

 

<解説>

道明寺餅の姿と形は

葉は一枚か二枚

餅は玉状から扁平なかたち

餅は弾力と粘りがあり、表は粒味のあるかたち

餅を葉の筋に沿って包むか

両方から葉を合わせて被せる

道明寺粉を蒸して餅を作り

これに餡を詰め、桜の葉に包んだ構成

ちなみに「道明寺餅」とは

関東での違う桜餅の呼び名である。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年5月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ







分類