新熊野神社 影向の大樟さん東大路通りを日赤病院から

清水、八坂方面に向けて進むと

 

左手前方から目に入ってくる大きな楠がある神社

新熊野神社(いまくまのじんじゃ)」です

 

P1190644a

 

御神木である

樹齢900年、高さ20mの楠を見るために

やって来ました

(京都市指定天然記念物)

 

P1190631a

 

紀州熊野より運ばれた楠は

後白河上皇がお手植えされたもの

 

P1190648a

 

熊野の神々が降り立つ

「影向の大樟さん(ようごうのおおくすにきさん)」と

呼ばれている

 

P1190666a

 

老木でありながら

現在でも成長し続けている姿は

まさに神秘的

 

自分の小ささを実感します

 

 

P1190656a

 

平安時代、

天皇家が行っていた「熊野詣(くまのもうで)」

 

紀伊半島にある

「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「熊野那智大社」という

熊野三山を参拝するもの

 

簡単に参拝できる距離ではないため

京都に熊野の神様を

という理由で創られたのが京都3熊野

 

「新熊野神社」「熊野神社」「熊野若王子神社」

 

P1190660a

 

京都3熊野の一つである

ここ新熊野神社には

「熊野古道」まであります

 

P1190662a

 

 

そして、新熊野神社の絵馬がこちら

 

P1190671a

 

八咫烏(やたがらす)と大楠のデザイン

 

初代天皇である神武天皇を

熊野の山で導いた神の使いが描かれています

 

熊野詣に対する想いの大きさが伝わってきます

 

問題

新熊野神社で能を披露した事から、幕府の庇護を受ける様になった猿楽師(さるがくし)は誰か?

   

 

<解説>

室町幕府三代将軍・足利義満が

観賞し目に留めたのが

新熊野神社で披露した

観阿弥(かんあみ)・世阿弥(ぜあみ)親子の

猿楽(さるがく・現在の能)であった

以後、足利将軍家から庇護されるようになる。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ







分類