マンボ飯店 夏季限定メニュー冷やし中華西大路高辻を東へ少し

中華料理店「マンボ飯店」

 

おいしい坦々麺がランチで食べられると聞き

やって来ました

 

P1200638a

 

白を基調としたカフェのような外観

 

店内は程よく照明が落とされ

中華料理店とは思えない雰囲気

 

 

目的の坦々麺を注文すると

この時期は夏季限定メニューの「冷やし中華」だけとの事

 

坦々麺が食べられないのは残念ですが

せっかく来たので「冷やし中華」を注文

 

P1200636a

 

地野菜と麺屋棣鄂の平打ち麺を使った「冷やし中華」

 

独創性が感じられるビジュアル

食べてみると

 

野菜がおいしいです

胡麻だれとの絡みが良く

新種のサラダといった感じ

 

麺は、多くの有名ラーメン店が使っている

麺屋棣鄂(ていがく)という事で安定した美味しさ

 

暑い京都で食べるランチに「冷やし中華」

この選択肢アリです

 

問題

「冷し中華」の歴史を探ると、京都の「中華のサカイ」は、創業時(1939年)より、( 何だれ? )を使った「冷麺」をメニューに載せていた。

   

 

<解説>

冷麺とは、関西および西日本での「冷し中華」の呼称

関西では、京都の「中華のサカイ」を源流とし

関東以北の「冷し中華」とは異なり

独自に発展したと考えられている。

 

戦後、寿がきやが心太(ところてん)のつゆ(三杯酢)を

冷やしたラーメンに掛けたのが

今のスープによる冷やし中華・冷麺の

発祥とする説もある。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Category: ラーメン

About the Author


Comments are closed.


2018年5月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ







分類