狸谷山不動院 火渡り祭宮本武蔵が修行した場所として有名な

「狸谷山不動院」で「火渡り祭」が行われました

 

「火渡り祭」とは

無病息災を祈願する祭で

護摩焚き後の残り火の上を素足で渡るというもの

 

本堂に続く

250段の長い石段を登りきると

結界が張られています

 

P1220105a

 

結界の中心には

杉の葉で囲まれた護摩檀が設置

 

本堂での法要の後

山伏が法螺貝を吹きながら

護摩檀がある広場にやってきます

 

P1220129a

 

山伏が東西南北と護摩檀の方角に矢を放ち

斧によるお祓いを行ったのち祭文が読み上げ

そして点火となります

 

P1220241a

 

立ち昇る煙で、火の神様へお供え物を献上し

煩悩を表す薪木を燃やす事で煩悩を捨てさる

 

P1220347a

 

熱風がすさまじく

辺り一面は火に照らされます

 

P1220354a

 

巨大な火によって浮かび上がる本堂

火の揺らめきは生き物のように舞い

大きく伸びた影が神秘的な光景を造り出す

 

P1220450a

 

護摩焚きが終わると

火渡りの始まり

 

P1220505a

 

火が完全に消えていない状態のなか

その中心を裸足で人が通ります

 

火の道を渡る事により

身を清め、厄を除くことができます

 

P1220492a

 

さっきまで火の海であった地面です

緊張します

 

P1220539a

 

足元にある塩を

指の間にこすりつけ

Let’s Go

 

P1220571a

 

5m弱の道を通り抜け

厄を除き

新しい自分に生まれ変わる事ができました

 

それにしても

京都の夏は忙しいです

 

問題

狸谷山不動院の名前は、ご本尊の「咤怒鬼不動明王(たぬきふどうみょうおう)」に由来するが、この「咤怒鬼不動明王」を祀る事は( 何天皇? )の勅願(ちょくがん)であった。

※ 勅願とは、天皇の祈願

   

 

<解説>

平安時代初期、桓武天皇の勅願により

平安京の鬼門を守る為

その方角(北東)に「咤怒鬼不動明王」を祀った事が

狸谷山不動院の起源となっている。

 

ちなみに「咤怒鬼」とは

「鬼門から入り込む邪気を叱りつける」

といった意味である。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Category: 神社仏閣, 行事

About the Author


Comments are closed.


2018年7月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ







分類