宕陰の棚田 彼岸花 秋分 稲刈り清滝から日吉ダムへ通ずる道

府道50号

 

途中にある

宕陰(とういん)の棚田は

「にほんの里100選」にも選ばれています

 

P1260410a

 

5月に訪れた時

水の張った田んぼに

太陽が反射し

まぶしかったのですが

 

現在は

豊かに黄金色の穂をたらしています

 

P1260389a

 

お彼岸とは

昼と夜の長さが同じになる

春分の日と秋分の日を挟んだ

前後3日の計7日間の事をいいます

 

P1260435a

 

仏教では

生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい

 

その反対側の

私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界を

此岸(しがん)といいます

 

P1260431b

 

彼岸は西に、此岸は東にあるとされ

太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は

彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え

先祖供養をするようになりました

 

P1260401a

 

そんな秋のお彼岸は

稲刈りの時期と重なります

 

P1260426a

 

田んぼの土手には

彼岸花が咲いています

 

彼岸花の球根には毒があり

モグラが寄ってこないそうです

昔の人の知恵に感服します

 

 

暑さ寒さも彼岸までといいますが

気温の変化にはくれぐれもご自愛ください

 

問題

暑さ寒さも彼岸までとは「冬の寒さ(余寒)は春分頃まで、夏の暑さ(残暑)は秋分頃までには和らぎ、凌ぎやすくなる」という日本の慣用句である。気象庁などの観測データによれば、京都の最高気温は1994年8月8日の39.8℃という記録があります。ちなみに京都盆地の湿気がべったりとまとわりつくような暑さを( 何? )と言います。

   

 

<解説>

風がなく、薄日がじりじりと照りつけて

じっとしていても汗のにじみでるような天気

という意味で使われる。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年10月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ







分類