百萬遍知恩寺 秋の古本まつり今出川東大路交差点近く

「百萬遍知恩寺(ひゃくまんべんちおんじ)」では

秋の古本まつりが開催

 

P1280162a

 

11/3まで開催されており

 

P1280178a

 

境内には多くの古本が

販売されています

 

P1280203a

 

開催初日の本日は

多くの人で賑わっていました

 

P1280173a

 

本の数・種類は

想像以上にたくさん有り

 

P1280207a

 

マニアックな本や

 

 

P1280199a

 

懐かしいコミック

 

 

P1280202a

 

写真集に

 

 

P1280196a

 

手書きの絵

 

 

P1280187a

 

往年のスターのポスター

 

 

P1280210a

 

興味をそそられる本

 

 

P1280209a

 

とうてい読めそうにない本まで

何でもありです

 

 

写真撮影は早々に終え

わたくしも本を物色

 

気がつけば3時間

時の経つを忘れて楽しんでいました

 

雑多に並べられた本は

細かなジャンルには分かれておらず

まさに宝探し

 

お気に入りの本が見つけられるか

あなたもどうですか

 

問題

百萬遍知恩寺の由来は、1331年(元弘元年)、京都に疫病が蔓延し、( 何天皇? )の勅(天皇の命令)により七日念仏百万遍を行い疫病を治めたことから「百万遍」の号が下賜(かし)された。

※ 下賜=身分の高い人からくださること

   

 

<解説>

七日念仏百万遍とは

各種の祈祷を目的として念仏を百万回唱えること。

 

本来は、個人が念仏を7日間(もしくは10日間)のうちに

100万回唱えることで目的が成就されるとされている。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Category: 神社仏閣, 行事

About the Author


Comments are closed.


2018年7月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ







分類