下鴨神社 御手洗-直澄下鴨神社では

参拝者が身を浄めるための手水舎(ちょうずや)を

「御手洗(みたらし)」と呼ぶ

 

P1320015a

 

楼門前の鳥居の横に在る

「御手洗(みたらし)」は

 

「直澄(ただす)」と名付けられ

下鴨神社の境内に広がる原生林

「糾(ただす)の森」の語源とされる

 

P1320013a

 

古代から糺の森は

清水の湧く所

鴨川の水源の神地として信仰されていた

 

P1320017a

 

P1320018a

 

御手洗は

御祭神の神話伝承にちなむ舟形磐座(いわくら)石で

 

P1320020a

 

御神水を注ぐ樋は

糺の森のヌシと呼ばれていた

樹齢600年のケヤキが使われています

 

P1320021a

 

駒札には

次のように記されている

 

P1320023a

 

現在

なお糺の森の地中深くより豊かに湧水し

歴史を伝えている

 

生命の源である御神水により禊をし

御生(みあれ)の御座をこおむると共に

心身の清浄に臨め

 

問題

御手洗-直澄を、風雨から保護するための覆屋(おおいや)は、伝承の記録をもとに再現した( 何塀? )である。

   

 

<解説>

崇神天皇7年(BC90年ごろ)

当神社糺の森神地に

瑞籬(みずがき)の造替を賜った記録をもとに

再現した透塀(すきべい)である。

 

透塀とは

中ほどを連子 (れんじ) ・透かし彫りなどにして

内部が透けて見える塀

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Category: , 神社仏閣

About the Author


Comments are closed.


2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ







分類