松尾大社 申の大絵馬京都市西部

四条通の西端に在る

「松尾大社」

 

P1330039a

 

この一帯を治めた秦氏が

大宝元年(701)に本殿を造営した

京都最古の神社

 

P1330040a

 

酒造技術を

秦氏が伝えたことから

室町期より「日本第一酒造神」と

信仰されるようになり

 

P1330062a

 

酒の神と謂れている

 

 

そんな「松尾大社」

毎年11月の終わりには

翌年の干支絵馬が拝殿に掲げられる

 

P1330043a

 

高さ3.2m、横幅5.5m、厚さ15センチ

総重量約90kg余

京都市内唯一の超大型絵馬

 

1月下旬までの設置ということで

やって来ました

 

P1330049a

 

P1330058a

 

京都在住の版画家

井堂 雅夫氏の原画をもとに作成

 

お正月に参拝者に授与される

干支絵馬を拡大したもの

 

 

この絵馬が取り外されれば

2月へと突入していきます

 

時間の流れが速いなぁーー

 

ちなみに

「新鮮な経験」が多ければ

時間を長く感じるという説があります

 

子供の頃は未経験のことが多く

「時間が長い」と感じ

 

大人になると

「経験」によって処理できることが多くなり

新鮮さが少なく

「時間が短い」と感じるようです

 

 

今年はマンネリ化した生活を一変させ

いろんな経験ができる年にしたいです

 

問題

松尾大社の境内に在る( 何という庭? )は、昭和50年(1975年)に完成した庭園である。

   

 

<解説> 

松風苑は3種類の庭園からなり

それぞれ「上古の庭」は上古風に磐座を模した庭園

「蓬莱の庭」は鎌倉時代風に蓬莱島を模した庭園

「曲水の庭」は平安時代風に清流が流れる様を模した庭園

これらは近代の作庭家の重森三玲最晩年の作で

その代表的なものであり

昭和の日本庭園を代表するものの1つとされる。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Category: 神社仏閣, 絵馬

About the Author


Comments are closed.


2018年10月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ







分類