金蔵寺 景色に溶け込む桜小塩山の中腹にひっそりと建つ

「金蔵寺(こんぞうじ)」

 

四季を通して

自然豊かな山寺

 

P1370291a

 

朱塗りの山門から続く石段

登りきると

 

P1370275a

 

P1370271a

 

色鮮やかな

桜がお出迎え

 

境内で唯一

見せるために手入れされた桜

 

これ以外の桜は

桜としての主張はなく

周りの景色の一部として溶け込んでいます

 

しかし

金蔵寺においては

この自然なままの桜が似合うのです

 

P1370249a

 

境内が桜色に染まる・・という事は

ありませんが

 

P1370246a

 

奥深い緑の中に

さり気ないアクセントになる桜が

この山寺の独特な風情を作り出しています

 

P1370260a

 

観光客を意識しない姿勢が

 

P1370251a

 

唯一無二の存在となり

コアなファンを作り出している金蔵寺

 

四季が変わるたび

訪れたくなります

 

問題

記事内容から、小塩山(おしおやま)の中腹に建つ金蔵寺、その小塩山の 山頂は( 何天皇? )の遺灰を散骨した場所とされ、天皇陵がある。

   

 

<解説>

山頂付近には在京都FM局の送信所が置かれ

府南部の広範囲に電波を発射している。

 

他にも

NTT、関西電力、大阪ガス、

国土交通省、消防、警察等の無線中継局があり

多くの中継アンテナが建っている。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ







分類