雨宝院 歓喜桜と御衣黄桜西陣にある雨宝院(うほういん)は

街中にある小さなお寺

 

P1370470a

 

桜の隠れた名所として

知られていたのは一昔前

 

P1370456a

 

この時期

雨宝院の小さな境内は

人が居なくなる事はありません

 

 

その境内を覆うように咲いているのが

「歓喜桜」

 

P1370441a

 

P1370491a

 

P1370482a

 

仁和寺の「御室桜」と同種のもの

西陽でキラキラ綺麗です

 

 

そして、もう一つ

珍しい「御衣黄桜(ぎょいこう)」

 

P1370475a

 

P1370512a

 

開花時は緑色

その後、黄緑から黄色へ

やがて中心部が赤く染まります

 

高貴な貴族のイメージから

御衣黄という名が付けられました

 

 

P1370490d

 

それにしても

探せばありますなぁー、桜の名所

さすが京都

 

問題

雨宝院は( 誰? )が開基のお寺で、別名「西陣の聖天さん」とも呼ばれている。

※ 開基とは、仏寺を創立すること

   

 

<解説>

雨宝院は古義真言宗の寺で

本堂に安置されている

本尊「聖天(大聖歓喜天)像」は

821年、弘法大師が嵯峨天皇の

御悩平癒を祈願して安置されたものとされ

それがこの寺の始まりと伝えられている。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ







分類