深泥池のタクシー怪談久しぶりの心霊ネタでございます

 

京都で有名な心霊スポットの一つ

「深泥池(みどろがいけ)」

 

P1110435a

 

氷河期から生き残りとされる生物が生息しており

動植物すべてが国の天然記念物に指定されている

 

P1110423a

 

入水自殺が多いという話、

実際に有ったのは確かだが

噂ほど多くはないのが事実のようである

 

P1110429a

 

池の底が何層にもなっており

底なし沼”状態のため

 

P1110397a

 

自殺者をはじめ

溺死体がたくさん沈んでいるという

説もあるが・・・定かではない

 

この池の怪談話の中で最も有名なのは

タクシーにまつわる話

 

P1110420a

 

池の周りには道路が走っているが

 

雨の降る夜、

タクシーの運転手が池の脇で若い女性を乗せると

いつの間にか姿は消え

車のシートは水浸しになっている

 

P1110490a

 

または、

深夜、タクシーが市街地で若い女性を乗せたところ

かぼそい声で「深泥池まで」と言うので車を走らせたが

着いた頃には女性の姿は消えており

後部座席のシートがビッショリとぬれていた

 

P1110384a

 

タクシーに乗った女性が目的地近くまでくると

消えてしまい座席がグッショリと濡れている

という定番の怪談

 

その発祥の地と言われているのが

この深泥池というのは有名な話

 

「信じる」 「信じない」 はあなた次第

 

最後に、夜中この辺りを運転する際は

わき見などせず安全運転を心掛けてください

 

問題

京都市北区の「深泥池」は、北西側をケシ山、東側を高山と( 何山? )、南側を西山にそれぞれ囲まれている。

(A) チンコ山    (B) ポンチ山

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年9月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ







分類