神馬堂 売切れ必至のやき餅上賀茂神社に来たら焼きもち

と想像しますが

 

こちらの 「神馬堂(じんばどう)」は

午前中に売り切れていしまいます

 

ですので早起きして

買ってください

 

P1110513a

 

明治5年創業

店構え、店内とも風情があります

 

P1110518a

 

タイミングがあえば

焼いているところを見物できます

 

本当は買ってすぐ食べるのが

一番美味しいのですが

 

独りだけで勝手に食べると

どやされるので・・・いやいや

 

家族想いの私は

みんなで食べるのが好きなので

持ち帰りです

 

P1110946a

 包装紙 表

 

P1110945a

  包装紙 裏

 

雰囲気のある包装紙をはがし

 

P1110951a

 

内包みを開くと・・

 

P1110953a

 

出ました!

 

神馬堂のやき餅は

片面だけ焼き色がついるのが特長

 

P1110967a

 

焼いた餅の香ばしい香りが漂い

甘さ控え目の)粒餡とお餅が

絶妙のバランスで仕上がっています

 

言うまでもなく美味しいです

 

問題

記事中の「神馬堂」は明治5年(1872年)創業、この年の5月9日(明治5年3月29日)東京城(とうけいじょう)を皇居と治定(決定)し、これより天皇の京都行きは還幸(かんこう)ではなく( ? )となった。

(A) 行幸(ぎょうこう)    (B) 巡幸(じゅんこう)

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年10月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ







分類