夏越祓と福栄堂 無添加で一口サイズの「水無月」6月30日は

夏越祓(なごしのはらえ)をするみそぎの日

半年間の身の汚れを祓い

来たる半年の清浄を祈念します

 

P1190512a

 

京都ではこの日

「水無月」を食べます

 

P1190503a

 

祇園の和菓子屋さん「福栄堂

可愛いミニサイズの水無月が有名です

 

P1190537a

 

その昔

宮中の人々の暑気払いは

氷室(京都衣笠山西麓)から取り寄せた

氷を口にしていました

 

P1190535a

 

氷は一般大衆の手には入りにくく

麦粉を練って氷片に装い

食べたのが水無月

 

P1190522a

 

水無月の三角形は氷室の氷片を表し

上の小豆は悪魔払いの意味を表している

 

夏の酷暑を乗り切り

無病息災を祈願するお菓子

 

P1190532a

 

福栄堂の水無月は

白と抹茶の2種類

 

無添加・無保存料で一口サイズ

パクっ!と

美味しさを丸ごと口の中へ投入

 

ご馳走様でした

 

問題

京都で行われる夏越祓(なごしのはらえ)とは、( 何を? )をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事である。

   

 

<解説>

茅の輪くぐりは

1年の折り返しにあたる6月30日

各地の神社で半年の無病息災を祈願する神事

神社によって作法は異なるが

基本的には大きな茅の輪を三回廻って

穢れを祓い清めるというもの。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年5月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ







分類