佛光寺 区民誇りの木に指定のイチョウ四条烏丸から南東側

仏光寺通と高辻通の間

真宗佛光寺派の本山 「佛光寺(ぶっこうじ)」

 

P1290928a

 

こちらには

京都市の区民誇りの木に指定されている

イチョウがあります

(幹周:4.56m、樹高:13.5m)

 

P1290937a

 

P1290930b

 

西日が射す時間帯

 

木の周りでは

子供たちが元気に遊び

 

P1290991a

 

子供たちの笑顔は

まわりの大人たちも元気にしてくれます

 

P1290945a

 

P1290956c

 

この場所が

街中である事を忘れてしまう程の心地よさ

 

都会の喧騒から

エスケープしたくなったら

立ち寄ってください

 

問題

越後国に流罪となった浄土真宗の宗祖とされる( 誰? )が、赦免の翌年の建暦2年(1212年)に京都に帰り京都山科の地に草庵を創建した事が佛光寺草創と伝えられている。

※ 赦免=罪をゆるすこと

   

 

<解説>

その後、親鸞はこの寺を弟子の真仏にまかせ

阿弥陀仏の本願をひろめるため

関東行化に旅立ったとされる。

 

しかし、親鸞が山科に興正寺を建てたとするには

寺伝以外の根拠に乏しく

史実としては、配流先の越後より

直接関東方面へ向ったとする説が有力である。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年7月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ







分類