2017 皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝皇后盃 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会は

毎年1月の第2日曜日に

京都市で開催される駅伝大会

(正月3が日に日曜日が重なった場合は1月の第3日曜日に開催)

 

西京極陸上競技場をスタート

国立京都国際会館前を折返し

来た道を戻る42.195kmを9人でタスキを繋ぐ

 

チーム編成は

中学生2人、高校生3人、成人(社会人・大学生)4人で構成

 

様々な世代が力を合わせ勝利に向かう姿は

この大会の最大の魅力であり

多くのファンが楽しみにしている

 

かく言う私も

そのファンの一人であり

今回はナマで応援をするため

ココ「烏丸今出川交差点」へやって来ました

 

P1390880a

 

前日からの大雪で

京都市内も積雪が10cmを超え

 

開催自体が危ぶまれましたが

役員様の努力のおかげもあって

決行です

 

そして昼も過ぎた頃より雲もはれ

太陽の姿も見れるまでになりました

 

P1390878a

 

 

なぜ「烏丸今出川交差点」で応援するのか

 

この大会には

1チーム2名の中学生が参加します

 

その中学生が走る区間は

3区・8区と限定

この場所は3区の中学生選手を応援するには

見晴らしも良く、応援の声も掛け易いという絶好の場所

 

私にも中学生の息子が居ますが

まだまだ、あどけない年齢です

そんな中学生が、ふる里の期待を一身に背負い

一生懸命走る姿には毎年感銘を受けます

 

という事で

ナマで応援すすならココとなりました

 

そして

ココで応援するもう一つの理由・・

この大会に出場する中学生は

ほぼその県内の1位・2位の中学生選手であります

ということはその実力から考えると

将来の日本代表候補の選手たち

 

スポーツ好きの人なら分かると思いますが

脚光を浴び世に出る前の・・無名時代の姿を見ておきたい

近い将来、「おぅーーあの時の、あの中学生が・・」

とエラそうに言いたい・・

 

これは失礼

自己満足な、どうでもいい話ですねスミマセン

 

 

話を戻して

 

P1390886a

 

選手が通過する5分前には

交差点付近は多くの人が集まっています

 

盛り上がって来ました

 

ちなみに私は

交差点の東南角に陣取り

選手を正面から応援

 

P1390892a

 

そして選手の登場が間もなくという時間

辺りが急に暗くなり天候が一気に悪化

雪がちらつき始める

 

P1390899a

 

そんな中

先頭の選手がこちらに向かって走ってきます

 

P1390924a

 

ゼッケン番号「26」

 

地元「京都」!!

トップで通過!!

 

すさまじい歓声

「がんばれ」の声援が鳴り響く

 

P1390976a

 

離されまいと

必死に走る中学生

 

P1390984a

 

鬼気迫る様子に

あどけなさは感じられません

 

P1400023a

 

吹雪の中

最終ランナーが駆けていく

死闘!

 

こんな姿を見ると

地元京都がどうのこうのとか

もう関係なく

 

私を含め、沿道の人たちは

来る選手、来る選手に向けて

「がんばれ」の声援が自然に出てくる

 

ひたむきな姿に涙が出そう

 

やはり「ライブ」はちがう

 

この悪天候は

応援する観客も大変

 

しかし

あの力走を見ると

「もう一度」という気持ちになります

 

撮影場所

 

一本下(いっぽんしも:南)の大通り「丸太町通」に行けば

第七中継所があり

京都国際会館前を折返してきた選手の

タスキ渡しが見れる

 

この「烏丸今出川交差点」から約2km

もう一度感動を求め移動

 

ゆっくり歩ける京都御苑の中を

通り抜けます

 

P1400034a

 

京都では

雪が積もるという事は少なく

1シーズンに2~3度

 

P1400042a

 

なかなか見られない京都御苑内の雪景色

キレイです

 

思わず立ち止まって写真撮影

 

P1400189a

 

イヤイヤ

こんな事している場合ではありません

急がねば選手が戻ってきます

 

歩く事30分(寄り道含)

丸太町通と御幸町通の交差点にある

第七中継所に到着

 

ここ第七中継所は

8区を走る中学生に

7区の高校生もしくは大学生もしくは社会人のお姉さん選手が

タスキをつなぐ場所

 

天候はというと

さらに悪化し猛吹雪

 

P1400051a

 

こんな状況の中

狭い御幸町通では

もうすぐ来るであろうお姉さん選手を待つ中学生選手が

緊張の表情でアップを行っています

 

与えられた責任を果たすため

ベストを尽くす姿

 

この光景を見るだけで

胸がしめつけられます

 

P1400055a

 

そんな選手に

安全に、思う存分、悔いのないように戦ってもらうため

役員の人たちが必死にコース整備を行う

 

その甲斐あってか

雪が止みだしてきました

 

P1400061a

 

7区のお姉さん選手が近づいてきたのか

中学生選手が中継所に姿を現します

 

P1400066a

 

緊張の時がすすみ

その時がやってきます

 

P1400101a

 

次々にやってくる7区のお姉さん選手

タスキが大事に繋がれていきます

 

P1400154a

 

7区のお姉さん選手は

中学生の緊張をほぐすためか

笑顔で、やさしく、ひと声掛けて

タスキを渡します

 

P1400080a

 

タスキを託された中学生が無事スタートを切る

その事を確認したお姉さん選手は

その場で力尽き安心して倒れ込む

 

P1400159a

 

テレビでは伝えられない感動

来て良かったと心から実感

 

元気をたくさん貰う事ができました

 

 

勝敗の結果は

接戦を制し地元「京都」が優勝

おめでとうございます

 

そして

参加したすべての選手・チームの皆様

役員・関係者の皆様

ありがとうございます

 

 

問題

競技としての最初の駅伝は、1917年4月27日に行われた「東海道駅伝徒歩競走」とされる。関西組と関東組に分かれ京都の( 何橋? )を午後2時に出発し、東京の上野不忍池(しのばずのいけ)までの23区間、約508kmを昼夜問わず走り抜けるものであった。

   

 

<解説>

この大会は

東京奠都50周年記念として

讀賣新聞社会部長・土岐善麿の発案で同社が主催し

行われた。

 

先着の関東組がゴールに到着したのは

翌々日の午前11時34分

三条大橋と不忍池のほとりには

それぞれ「駅伝発祥の地」の碑が現存する。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年9月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ







分類