雲龍院 悟りの窓からの紅梅ここ最近、

梅を求めて西へ東へ

 

本日紹介するのは

雲龍院(うんりゅういん)

泉涌寺(せんにゅうじ)の塔頭です

 

P1120780a

 泉涌寺

 

場所は

泉涌寺の南側になります

 

P1120768a

 雲龍院

 

こちらに訪れた理由は

「悟りの窓」から見る紅梅が

絶景であると聞いたからです

 

それでは拝観します

 

P1120755a

 

廊下の先が

「悟りの窓」 がある悟りの間です

 

P1120635a

 悟りの窓

 

「悟りの窓」から見る紅梅と

その窓の下、地袋に描かれた白梅の絵を合わせ

紅白の梅を見る

 

これぞ京都らしい演出

みやびやかです

 

「悟りの窓」でいうと

源光庵」が有名ですが

雲龍院は人が少なく、落ち着いて拝観できます

 

 

P1120685a

 れんげの間

 

雪見障子の四角のガラスから

四枚の違った絵を眺めることができます

 

左から 「椿」 「灯篭」 「楓」 「松」

 

 

P1120708a

 大輪の間

 

庭園が一望できます

紅葉の季節は特に美しいと想像します

 

 

P1120654a

 

ところどころに生け花が飾られており

その美しさに足が止まってしまいます

 

どこも手入れされており

気持ちのいい院内

 

平日は人も少ないようで

自分の世界に浸るには

最高の場所ではないでしょうか

 

久しぶりに出会ったお宝的な空間

近いうちに再訪いたします

 

問題

雲龍院の創建は1372年、( 何天皇? )の勅願によって建てられた。

   

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年4月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ







分類