北野天満宮 御誕辰祭 大茅の輪くぐり菅原道真公をお祀りしている

北野天満宮では

 

道真公の

誕生日である6月25日と薨去2月25日に因み

毎月25日が縁日となっています

 

P1190093a

 

沢山のお店が

参道だけではなく周辺道路にも立ち

大勢の参拝者たちで賑わいます

 

P1190074a

 

「着物」「骨董」「古着」「衣料品」「乾物」・・等々

ジャンク品や西洋アンティークまで様々

 

近所の方がフリーマーケットを行い

通りのお店屋さんが野菜を売ったりと

縁日ならではの光景が広がります

 

そんな25日の縁日の中でも

6/25は道真公の誕生の日にあたり御誕辰祭が斎行され

人の数はさらに多くなります

 

P1190060a

 

祭典のひとつとして

酷暑の真夏をひかえ

庶民の健康と厄除け・無病息災を願うための

「大茅の輪(おおちのわ)くぐり」が楼門で行われます

 

京都最大の直径5メートルの「大茅の輪」

これを見るのを目的に

仕事を終え16時頃にやってきたのですが・・

 

P1190038a

 

輪の形をとどめていません!

 

なんでも

早朝から大茅の輪をくぐった参拝者が

茅を引き抜き家に持ち帰るそうです

 

引き抜いた茅で作った茅の輪を

家の門にかけると無病息災になるとの事で・・

 

残念です

 

仕方がないので

境内を散策することに

 

P1190007a

 

P1180982a

 

七夕に向けての準備でしょうか

短冊が竹に飾られています

 

1週間もすれば7月かと

季節の移り変わりの速さにに驚いていると

 

社殿の前に「茅の輪」を発見!

 

P1180990a

 

サイズは小さいですが

多くの人がくぐっています

 

P1190001a

 

聞いてみると

他の神社と同じく6/30に「夏越の大祓」が行われ

その際の「茅の輪くぐり」のものでした

 

無病息災を願い

男女 大人子供 赤ちゃんまで・・

 

みなさま幸せになれますように

 

問題

北野天満宮での毎月25日に行われる天神さん、1月25日の「初天神」と12月25日の( 何天神? )は例年約15万人の参拝者が訪れるといわれる特別なものである。

   

 

<解説>

「初天神」は、新春の一番の天神さんとして

入試を控える受験生・父母などの

参拝が多く見受けられる

時期的に白梅・紅梅が咲き始めるころで

梅の美しさも堪能できる。

 

「終い天神」はお正月の祝箸やお屠蘇が授与され

参道にはこの日だけ

「新巻鮭」「〆飾り」「葉ボタン」などの

お正月用品も立ち並ぶ。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ







分類