廬山寺 源氏庭の桔梗本日の京都市内は

朝から雨

 

P1190804a

 

晴れた日に、

廬山寺(ろざんじ)」で

桔梗の写真を撮るつもりでしたが

 

雨の中の桔梗も

いいんじゃないかと考えが変わり

やって来ました

 

P1190775a

 

場所は京都御苑の東側

 

紫式部の邸宅跡地に

廬山寺は在ります

 

P1190787a

 

源氏物語の作者「紫式部」の邸宅という事から

廬山寺の庭は「源氏庭(げんじてい)」と名付けられました

 

P1190800a

 

白砂と苔によって構成された庭

白砂が「庭に浮かぶ雲」を表現

 

P1190788a

 

そんな庭には桔梗が咲き誇っています

 

源氏物語には「朝顔」という巻があります

当時の朝顔とは、今でいう桔梗

 

この事が由来となり

源氏庭に桔梗が植えられています

 

P1190783a

 

雨のくすんだ景色が

桔梗の存在感をより一層大きくします

 

P1190793a

 

お堂の縁側から

雨音を聞きながら桔梗を楽しむ

 

贅沢な時間です

 

問題

廬山寺の前を通る寺町通(てらまちどおり)は、( 誰? )が行った都市改造の一環として、洛中散在の寺院が集められた通りである。

   

 

<解説>

秀吉は

京都の鬼門を神聖な寺院によって防ぐため

区画整理を行い、寺院を通りに並べた。

 

こうして出来た通りの一つが寺町通である

当時、寺町通には80もの寺院が集められた。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ







分類