六道珍皇寺 六道まいり京都では

お盆は六道さんで始まると言われています

 

P1230448A

松原通

 

8月13日から始まる京都のお盆

その前の7日から10日までの4日間に

ご先祖の御魂(みたま)を迎えるため

六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)」 に参詣する

「六道まいり」の風習がある

 

P1230438A

六道珍皇寺山門

 

「六道」とは

地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六つの世界の事

死後はこの六道を輪廻転生(流転)するという

 

P1230431A

六道珍皇寺本堂をバックに三界萬霊供養塔

 

平安時代、六道珍皇寺の建つ辺りは

墓所のある鳥辺山(とりべやま)の麓になり

「六道の辻」と呼ばれた葬送の地で

冥界への入口とされる場所であった

 

 

「六道まいり」の参詣順序はこのようになります

 

P1230399A

 緑の葉っぱが高野槇

 

境内参道の花屋で高野槇(こうやまき)を買い

 

P1230367A

 

本堂で水塔婆(みずとうば)に戒名を書いてもらう

(水塔婆=薄い木の板)

 

P1230350A

紐を引くと鐘が鳴ります

 

ご先祖を迎えるための「迎え鐘」を撞(つ)く

 

この鐘の響きは10万億土の冥土まで届き

ご先祖はこの音色で、この世に呼び寄せられる

 

P1230390A

 

お線香の煙で水塔婆を清め

 

P1230381A

 

石地蔵が並ぶ「賽(さい)の河原」にて高野槇の葉で

水塔婆に水むけをする

 

これは濁世(じょくせ)での穢れを清めるとともに

浄水にて喉の渇きをまず癒してもらう意味がある

 

 

 

鐘の音に呼ばれたご先祖様は

槇の葉に乗り

迎え人とともにご帰還される

 

ご先祖様を大切に想う「六道まいり」は

仏教宗派を超え

京都の家庭に深く根ざした年中行事となっています

 

8/10までの「六道まいり」

時間のある方は

いらしてみてはいかがですか

 

 

あ!そうそう

「六道の辻」は異界への境界とされている場所なので

気を抜くと、ふっと冥界へすい込まれるかも・・・

 

お気をつけて

 

問題

「六道の辻」にまつわる伝説として、平安期の文人・歌人であった( 誰? )が、寺にある「冥土通いの井戸」より冥界へ夜毎通い閻魔大王の書記官を務ていた。

   

 

<解説>

六道の辻は

六道珍皇寺の門前をいい

松原通の轆轤(ろくろ)町と

新シ町の間を南に走る道を指している

この道は謡曲「熊野」で

「冥途に通うなるもの」とうたわれている。

 

 



いつも応援有難うございます!
お手数をお掛けします。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



About the Author


Comments are closed.


2018年10月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ







分類